バナー

味にこだわるならコーヒーグッズにもこだわりを

コーヒーをインスタントで飲む場合は、ケトルとカップだけで事足ります。

でも本格的なコーヒーを飲むたい時は、いろいろなコーヒーグッズを使って淹れることになります。

BIGLOBEニュースについて考えます。

コーヒーに一度凝り始めると、豆の産地からブレンド方法までキリが無いほどこだわり始めます。この時の豆選びと挽き方が、コーヒーの味に大きく影響を与えることになります。

豆を挽くには、通常コーヒーミルを使うことになります。

コーヒーミルには電動タイプと手で挽くものがあり、どちらを選ぶかによって若干違いがでてきます。


手動式のコーヒーミルを使用する場合、挽く際の香りとコーヒーを飲む際の雰囲気が楽しめます。


ただしこの方法は時間と手間がかかるため、急いでいる時には向かないといえます。



一方の電動式のコーヒーミルは、時間がかからず急いでいる時に利用すると重宝します。



豆を挽く方法としては楽なのですが、音がうるさいというデメリットもあります。昔ながらのアンティークなコーヒー作りを楽しみたいなら手動式、手間を最小限にしたいのなら電動式を選ぶのがいいはずです。

また置いた時の雑貨としての見た目も違うので、インテリアとの調合も考えて購入するという選択もあります。

コーヒーグッズには他にも、専用の温度計や保存缶や計量スプーンというのもあります。
これらは普段家庭で使用しているものでも代用は可能ですが、本格的にコーヒーを入れたい場合は揃えても損はないものとなります。
コーヒーグッズは珈琲の味に変化が出る以外にも、コーヒーを淹れる際の雰囲気や心構えにも影響してくることがあります。

より味にこだわるなら、こういった使う道具類からこだわるのもいいでしょう。