バナー

本当のコーヒーカップ

普段、家でコーヒーを飲む時にコーヒーカップを使っている人はどのくらいいるのでしょうか。


実はコーヒーカップだと思って使っている物がそうではない人は沢山居る気がします。



コーヒーカップとはコーヒーが冷めにくい様に、香りが逃げない様にと飲み口が狭くなっている物が多いようです。そして持ち手が付いて、ソーサーがあります。
大きさはお国柄で違うようで、欧米では大きいヨーロッパでは小さいといった感じです。

国によって飲み方のスタイルが違うのです。

BIGLOBEニュースのホームページをチェックしましょう。

よく家庭で飲んだり、オフィスで自分用に使用しているカップはマグカップだという人が多いように思います。マグカップはソーサーは無く、沢山飲み物が注げる様に大きい作りになっています。カップの底から飲み口までが同じ大きさの円筒状の物が多く見られます。

何の飲み物を入れても使いやすく、倒れにくい。

飲み終わって洗うのにも洗いやすく、保管しやすい。


安い価格の物が多いという所から普段使いに便利なのでしょう。

では、いつコーヒーカップをちゃんと使っているかと言うと、来客など人に出す場合が多いでしょう。ミルクと砂糖とスプーンをソーサーに乗せてといった感じでしょうか。
しかしこれも実は偽物の時があります。ティーカップです。
ティーカップもソーサーが付いていて何と無く見た目が同じに見えますが、ティーカップは飲み口が広く作られている物が多い様です。


実際に家庭で使い分けている人は少ないのでは無いでしょうか。



違うからと言って別に何が悪いと言うわけでは無いですが、たまにはインスタントコーヒーでは無いコーヒーをちゃんとしたカップで楽しむのも良いかもしれません。